東京高級デリヘルの採用基準

東京の高級風俗の中でも品川・渋谷・汐留・六本木はクオリティーが高く、そして関西方面では大阪、難波・梅田の高級デリヘルはレベルが高いと考えられている。北は北海道から南は沖縄まで日本全国各地に様々な風俗店が軒を集うが、その中でも価格帯・コンパニオンの品質という面にてトップクラスのクオリティーを誇るのが東京高級デリヘルであろう限られた一部の都市にだけに存在する。そこにはグラビアモデル・レースクイーン・AV女優、タレント、CAなどといった、ルックス・スタイルなどハイクラスなコンパニオンが多数在籍している富裕層の為の大人の出張クラブ。またお店によっては厳しい採用基準を設けている為に、ビジュアルだけに限定されず品格もしっかり選差されていると言われることだ。

渋谷高級デリヘルの採用基準ここでは東京高級ヘルスなどのコンパニオン採用について書いていこうと思う。 ○面接を受けるのも簡単ではないほどの高い採用基準 渋谷の中でも繁華街のひとつである道玄坂の高級デリヘルなど、高い価格設定に見合ったハイクラスなコンパニオンを採用するために厳しい選考を実施している。 お店によっては送られてきた履歴書に貼ってある写真・問い合わせメールの内容・履歴書の文字などから多くの人を落とすという。中にはあまりにも採用基準を高くした結果、65人中1人ぐらいしか面接に呼ばれないというところもあると考えられることだ。それだけ厳しい採用基準を設けているのは一流企業でも珍しいと言える。ではなぜそこで不採用になってしまうのかに関連して説明していこうと思う。 東京の高級風俗業界の中においても最高峰レベルのコンパニオンが多い最大手の東京高級デリバリーヘルスだからこそ写真は重要な要素1つだ。写真でまず見られるものはその容姿とされ、送られてきた写真やモデルなどとして活動していたプロフィール写真などみて容姿が東京高級派遣ヘルスの基準値レベルに達していなければ不採用となるワケだ。ただ写っている写真は東京の高級風俗店に相応しい撮影基準になっている、清楚な雰囲気に品格のあるメイクがされているか、きちんとした表情で撮られているかなども見られる。人と接する仕事と言う理由で相手のことを考える・自分を上手くアピールできるといったファクターは重要だ。つまりは一般企業の書類選考みたいにきちんとした写真が使われていなければ、それが大きなマイナス要素となってしまう。そして人気の高い東京高級出張ヘルスにおいてそのマイナス要素がそのまま不採用につながってしまうのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です